Profile

古橋一晃(フルハシ カズアキ)

京都市出身。

Electric, Acoustic Guitar Player

 

10代より地元カントリーバンドにて腕を磨き、日米のカントリー系プレイヤーとのセッションを多数経験。

2005年より拠点を東京へ移し、セッションプレイヤーとして山崎ハコ、小林明子、松山千春、西岡たかし、マイク眞木、ビリーバンバン、山木康世、四角佳子、こむろゆい、松田幸一、中川イサト、Charlie McCoy などのレコーディングやライブで活動する他、SMCギタースクールの講師も務める。

 

マンドリンプレイヤー、宮崎勝之氏とのDUOアルバム「Woody Talkin'」ではギターとマンドリン2本だけのインストアルバムを2011年に発売。Acoustic Gutiar Magazine (リットーミュージック)に特集、インタビュー記事が掲載される。

 

2013年、河合徹三(Bass)尾崎博志(Pedal Steel Guitar) とのインストアルバム「TRI BARREL/詩のかけら」を発売。 ライブ活動も精力的に行っている。

 

2012年、14年と上演された俳優・吹越満氏プロデュースの舞台「Polygraphe」に楽曲提供する。